降下技術・商品の使い方

ロッキーラダー(一本梯子)の使い方

出来るだけ木に近づけて、土突をしっかり刺して立て掛けて下さい。
根などの障害がありますが出来るだけ木に近づけて、土突をしっかり刺して立て掛けて下さい。
※写真では木とハシゴの距離は約20cmです
ほぼ垂直に木に立て掛けます
6mハシゴを立掛けました。角度はほぼ垂直に立っています。
必ず備品のロープで木とハシゴを固定してください
必ず備品のロープで木とハシゴを固定してください
片手は木を抱きながらもう片方で安全帯ロープを持ち上げながら登ります
【登り方1】片手は木を抱きながらもう片方で安全帯ロープを持ち上げながら登ります。
片手は木を抱きながらもう片方で安全帯ロープを持ち上げながら登ります
【登り方2】
両手で安全帯ロープを持ちロープをしゃくり上げながら登って行きます。

スーパーステップ、木登り名人の使い方

【取り付け方】
1.ベルトを木に廻して、赤丸シールが上になるように金具をフックにかけます。
2.ステップを固定してベルトを強く引っ張ります。(ベルトが馴染むまで滑るが悪い場合があります)
※小径木の場合、ベルトを二重に巻いてください
【外し方】赤丸シールのところを押しながら、人差し指で金具のお尻を持ち上げます

木登りセット、ビッグステップ

【取り付け方】
1.白いロープを木に廻し動画のようにステップの溝へしっかりと引っ掛けます。取付後、ステップを少し下げて安定していることを確認します。
2.ステップに片足を乗せ、体重をステップと安全帯掛けて次のステップを取り付けます。
3.枝は仮払しながら登りますが、その際足掛けになる強い枝は10cmほど残しておくと、ステップの数を節約できます。
4.降りながら下を向いて枝の根付けを仕上げ、ステップを取り外していきます
白いロープを木に廻し画像のようにステップの金具へ引っ掛けます。 白いロープを木に廻し画像のようにステップの金具へ引っ掛けます。
引っ掛け方は木登りセット、ビッグステップ共に同じです。

ロープワーク、降下技術

木登りで最も気を付けないといけないとき、それは「降りる時」です。 そこで安全且つスピーディーに降りる為の降下技術を紹介します。
1本梯子は勿論、FR-100、FG-2をお使いの方、昔ながらのブリ縄 を使った木登りをされる方も是非!!作業効率があがります。
下降用ロープを用意し、ロープの中央でエイト結びし、カラビナを取り付けておきます。
下降用ロープを用意し、ロープの中央でエイト結びし、カラビナを取り付けておきます。
ハーネスを装着し、カラビナ+下降器を取り付けます。
ハーネスを装着し、カラビナ+下降器を取り付けます。
※木登りには必ずU字吊りランヤードをお使いください。
木にロープを巻きつけ、1のようにカラビナを通します。
木にロープを巻きつけ、1のようにカラビナを通します。
次に下降器を一旦、カラビナから外し、2のようにロープを通し再度カラビナに取り付け、ハーネスと接続されていることを確認します。
次に下降器を一旦、カラビナから外し、2のようにロープを通し再度カラビナに取り付け、ハーネスと接続されていることを確認します。
ハーネスを装着し、カラビナ+下降器を取り付けます。
3のようにロープを引っ掛けると降下がロックされます。
降下に入る際は下降器の上下でロープを持ち、スピード調節しながら降下してください。
(ロープを持つ手に摩擦が生じますので、手袋は必ず着用してください。)
下降に使用していないもう一方のロープを下から揺さぶると締め付けが緩み、簡単に回収出来ます。